CheRish Brun.(チェリッシュブラン)

好きと心地よいがつくる、私らしく楽しい暮らし

【レシピ】きのことホタテのバター炒めで美味しく疲労回復

きのことホタテのバター炒め

先日新年を迎えたのに、もう20日。今日は暦の上では大寒です。1年で一番寒い日と言われますが、ここ1ヶ月を乗り切ると少し陽ざしも暖かくなるでしょうか?
今日は旬のおいしいホタテをたっぷりつかった一皿をご紹介いたしましょう。

きのことホタテのバター炒め

材料と分量(2人分)
ホタテ 6~8個
しめじ・エリンギ・まいたけなど 合わせて200g
※市販のきのこは1パック約100g
バター 15g
オリーブオイル 大さじ1/2
ハーブソルト 適量
大さじ1
だし醤油 適量
作り方
  1. ホタテは殻をはずしてウロなどをとり、きれいにしておく。(生食用のむき身でも良い)
  2. しめじ、マイタケは大きめの房に分け、エリンギはお好みの大きさに割く。
  3. フライパンにバターとオリーブオイルを入れて火にかけ、バターがとけてきたら①のホタテを入れて焼き色を付け、続いて②のきのこに火を通す。
  4. 良い香りが立ってきたら、お好きなハーブソルトを振り入れ、お酒を入れて蒸し焼きにする。
  5. お好みで、食卓でだし醤油をかけて。

美味しい時期には積極的にホタテを!

ホタテは魚介類の中でも優秀な食材のひとつです。

①タウリンパワー

なぜカラダに良いかと言う理由の一つは「タウリン」にあります。
この「タウリン」の含有量は魚介類の中でもトップクラスです。
では、その「タウリン」とはいったい何でしょう。

「タウリン」は魚介類に多く含まれるアミノ酸の一種で、体内の不要物を排出し、慢性疲労や不眠の改善にも効果があります。解毒作用など、肝臓のさまざまな機能を強化してくれ、ほかにも心臓の血管を丈夫にして、目の疲労回復にも効果がある、疲れた体を内側から元気にしてくれる強い味方です。
牛肉、豚肉などの畜産物には非常に低い値でしか含まれていません。

又、「タウリン」は必要な時に必要な場所で作用し、必要でない時には体外に排出される物なので、過剰摂取しても副作用がないのだそうです。

②亜鉛パワー

ホタテでもう1つ、着目したいのはホタテ100g中2.7mg含まれる亜鉛の含有量です。私たちの体に必要不可欠なミネラルであり、ニキビや肌荒れを防ぐためには必須の成分。
亜鉛が不足してしまうと、皮膚細胞がスムーズに生まれ変われずに古い角質が残ってしまい、肌がごわついたり、シミが根深く残る恐れもあります。
又、髪の毛は蛋白質に寄って構成されていますから、亜鉛が不足すると髪の毛の成長にも影響が出てきます。
健康的な美肌・美髪を維持していくためにも亜鉛は強い味方だったのですね。

寒さで身のしまっている旬のおいしいこの時期に、ホタテを気軽に食卓に登場させてみてはいかがでしょうか。

プッシュ通知

Author's Profile

料理家足立洋子(あだちひろこ)
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Send to LINE

※当サイトの全ての掲載記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。