色と香りでHappyライフ

感情を解放して、エイジングケアもできてしまう香りとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感情を解放して、エイジングケアもできてしまう香りとは

こんにちは。セラピストの堀井美岐です。日毎に秋も深まり紅葉が楽しめる時期となりましたね。今月ご紹介する香りは「イモーテル」です。ヘリクリサムとも言われています。
コスメ用品でイモーテルを使用している商品もありますね。
イモーテルは地中海の乾燥した土地に自生した植物で「不死」の意味を持つと言われています。また永遠の愛を象徴するものとして、花輪を花嫁に捧げる習慣もあったようです。
香りはフローラル系で苦味と温かさがある甘くスパイシーな香りです。

心への作用は、感情の滞りを解きほぐして穏やかにしてくれます。
トラウマや恐怖心、後悔、執着心など心を閉ざしてしまったような方にオープンに、肯定的になるサポートをしてくれます。
またも太陽神経叢をリラックスさせ、過剰なストレスや緊張を緩和してくれます。

体への作用は、血液や気の流れをスムーズにしてくれます。気の滞りが原因の頭痛や神経痛、筋肉痛などに効果的です。
抗アレルギー作用や去痰、鎮咳作用があり、呼吸器系の不調や抗ウイルス作用もありますので風邪やインフルエンザにも有効的です。
血流の流れをスムーズにする作用がありますので、血腫の改善や血栓性静脈炎の予防にもつながります。

皮膚への作用は、細胞再生作用に優れ傷の治癒に優れた効果があります。お肌のエイジングケアに期待できます。
刺激も少ないので敏感肌の方にも取り入れやすいと思います。ニキビケアや水虫、真菌性皮膚炎の予防や改善にも有効です。

イモーテルは個性的な香りですので、柑橘系の香りは違和感なく合わせられます。
・恐怖や不安感などの緩和⇒ベルガモット、アンジェリカ
・呼吸器系の不調には⇒サイプレス、サンダルウッド
・頭痛など痛みの緩和⇒カモミール、ラベンダー、クローブ
・エイジングケアに⇒フランキンセンス、ゼラニウム

感情を解放して、エイジングケアもできてしまう香りとは

物思いにふけたり心が動かされたりしがちな秋に、イモーテルで感情を解放してみてはいかがですか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

堀井美岐(ほりいみき)

堀井美岐(ほりいみき)

投稿者の記事一覧

オーラソーマ(R)プラクティショナー、レインドロップトリートメントをはじめ数秘やアロマリーディング、スピリチュアルリーディングを行うセラピスト。
2012年、自宅サロンmagenty(マゼンティ)をオープン。
自身のアトピー・アレルギー体質を元に自然治癒や代替医療なども学び、こころとからだのケアなどホリスティックビューティーを提供し、現在も勉強中。

関連記事

  1. 家庭に1本、万能薬として活躍してくれるオイルは
  2. 恋愛のお守りにもなり、身体のバランスも整えるマジョラム
  3. この夏、新たな可能性を広げてくれる香りとは・・・
  4. 自分を癒し、自分らしく生きるためのエネルギーチャージカラーは…
  5. 人生の方向性に迷った時にサポートしてくれる色は・・・
  6. 寒い日に心和ます甘い香りとは・・・
  7. コミュニケーションのカラー【ブルー】の魅力は?
  8. クレオパトラも愛用していた【フランキンセンス】で若返り

New Posts

  1. 「ジョエル・ロブション」監修アイスに新フレーバー「キャラメル」が登場! 「ジョエル・ロブション」監修アイスに新フレーバー「キャラメル」が登場!
  2. 【チャイレシピ】No.7 オレンジチリチャイ オレンジチリチャイ
  3. 【レシピ】ピリリ!風邪予防にわさび菜のわさび和え わさび菜のわさび和え
  4. 『SING/シング』一般試写会ご招待 SING/シング
  5. 【ワークスタイル】子どもたちは私を笑顔にさせてくれる存在 河原崎ひろみさん(私立谷戸幼稚園教諭) 子どもたちは私を笑顔にさせてくれる存在 河原崎ひろみさん(私立谷戸幼稚園教諭)
  6. 『PとJK』一般試写会ご招待 『PとJK』
  7. 『ひるね姫』試写会ご招待 『ひるね姫』
  8. ついにはじめた台湾漢方生活 日本語OKな老舗店がありました ついにはじめた台湾漢方生活 日本語OKな老舗店がありました
  9. ネコのいる暮らし展 ~CAT LIFESTYLE~ をBY PARCOで開催 ネコのいる暮らし展 ~CAT LIFESTYLE~
  10. スムージーとサンドイッチの専門店 「FICO&POMUM JUICE」東京駅・丸ビルにオープン! FICO&POMUM JUICE

Present & Event

  1. SING/シング
  2. 『PとJK』
  3. 『ひるね姫』
PAGE TOP