大人女子遠足〜スニーカーとリュックで行こう!〜

【大人女子遠足】神保町でオリジナルノートを作ってみた!

大人女子遠足 神保町いちのいち「えらべる帳」

編集長小路桃子(ももこ)と、ライター菅原(ももせ←旧姓)のWももが、スニーカーを履いて、リュックを背負って、行ってみたかった場所に行く!ルールはたったこれだけ。

小路桃子ももこ
「取材ノートってどんなもの使ってる?」
菅原然子ももせ
「私は、無印良品のノートを使ってるよ。」
小路桃子ももこ
「私、そろそろ取材ノートがなくなるんだけれど、次はどれにしょうかなーって思っていたら、オリジナルノートを作ってくれるステキなサービスを見つけたの!」
菅原然子ももせ
「いいね!いいね!どこで作れるの?」
小路桃子ももこ
「神保町いちのいち神保町店。この店舗だけのサービスなんだって!」
菅原然子ももせ
「じゃあ、今回の大人女子遠足はリジナルノートを作りに行こう!」

神保町いちのいち

ということで、今月は取材が多い二人の必須アイテムである【ノート】を作りに、神保町いちのいち神保町店へGO!
東京に住んでいながらも、あまり訪れたことがなかったという神保町。
そもそも、神保町は地下鉄の何線なのか?を調べることからスタートしました!

※クリックすると大きな写真が見られます

小路桃子実は・・・ノートと手帳を買うのが大好き。今使っている取材用兼打ち合わせノートがそろそろ無くなるので、新しいノートを買いたいな・・・と思っていたところ、神保町いちのいち神保町店でオリジナルノートを作ってくれるサービスがあることを知りました。
表紙と裏表紙を選び、ノート用紙まで選べる!さらにリングのカラー、綴じ方も2種類から選ぶことができ、オプションでゴムバンド付きか、皮ボタン付きかまで選べるからすごい!
思いつきで行動することが多い私ですが、こういう細々としたものを選ぶのにはとても時間がかかってしまう。表紙を選ぶのにかなりの時間がかかったけれど、出来上がったノートを手にした時は、「私のノートだ!」とうれしくなりました。
たくさん取材して、たくさん打ち合わせして・・・このノートを育てていきたいと思います!

菅原然子神田・神保町は町の名前は知っていましたが、実は今まで行ったことがなく。雰囲気のある面白い場所でした。三省堂1階にある「いちのいち」さんでのノート作り。表紙を「あれもいいな~これもすてがたい~」と、ももちゃんと2人、おしゃべりしながら選び、ノートを作ってもらっている間に覗いた、いろいろな万華鏡の美しさも忘れられません。
三省堂お向かいの画材屋さん、「文房堂」3階にあるカフェの雰囲気も最高でした!

ももせの持ち物

ライター菅原然子の持ち物
リュックサック:無印良品
いつも同じようなアイテムではありますが、この日は遠足後にインタビューの仕事があったので、ICレコーダーと取材資料も。寒かったので京都・一保堂のほうじ茶を持参。これからの季節、あったかい飲物は手放せませんね。お供の本は『祈りの幕が下りる時』(東野圭吾著 講談社文庫 2016)。家族がテーマの、グッとくる作品でございます。

ももこの持ち物

編集長 小路桃子の持ち物
リュックサック:Patagonia
リュックは大きいけれど、今回は中身は少なめ。必須アイテムはやっぱり、手帳、ノート、名刺ケース。
この日は、オトナ女子遠足の後に、「ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期」(映画の感想はこちら!)のマスコミ試写に行くため試写状も。映画面白かったです!!!!もう少し小さめのネイビーのリュックサック欲しいな・・・

ももせの戦利品

ライター菅原然子の戦利品
今回の目玉、「選べる帳(ノート)」では、かわいい黄緑色の印傳を表紙にセレクト。このノート、さっそくこの日に使いましたが、書き心地も抜群です! 亀の子だわしのスポンジは、編集長ももちゃんも一押し。ずっとさがしていたスポンジホルダーも、シンプルだったので亀の子ブランドのものを買いました。三省堂書店限定のオリジナルふきん。本の模様がかわいいです。

ももこの戦利品

編集長 小路桃子の戦利品
「選べる帳(ノート)」は、迷いに迷い・・・カーキに近いクロコダイル柄をチョイス。なぜなら私のラッキーカラーはグリーン系なので!
そして、コレクションの1つである中川政七商店の蚊帳生地ふきん。三省堂書店オリジナルを発見!迷わず購入。
そして、関美穂子さんデザイン「マッチ売りの少女」柄の陶器スタンプ。お仕事柄、お手紙などの封書を出すことが多く・・・今度から封を閉じるときに、こちらをちょこんと押そうかな〜っと思って購入しました。

神保町いちのいち 神保町店
■住所
東京都千代田区神田神保町1-1三省堂書店内
■営業時間
10:00~20:00
定休日:日曜日&月曜日
■URL
https://ichinoichi.books-sanseido.jp/index.php?option=com_content&view=featured&Itemid=102
■交通アクセス
東京メトロ 神保町駅から徒歩5分

SPICE KITCHEN3
■住所
東京都千代田区神田小川町3-10-3 振天堂ビル 1F
■営業時間
年中無休
ランチ:11:00〜16:00
ディナー:16:00〜22:00

文房堂GalleryCafe
■住所
東京都千代田区神田神保町1-21-1
■営業時間
10:00~19:30(ラストオーダー18:30)
年中無休(年末年始除く)

Loading map...

Loading

著者プロフィール

小路桃子(しょうじももこ)
小路桃子(しょうじももこ)CheRish編集長
1975年10月生まれ。
自由学園女子最高学部を卒業後、鹿島建設(株)に就職。
工事現場大好き女子として働いていたものの、2005年もっと女性が活躍できる場で働きたいと思い、GMOインターネット(株)に転職。

女性向けブログサービスヤプログ!で、コンテンツ企画・著名人ブログを担当。
映画、美容、レシピコンテンツなどオリジナル企画のほか、各メーカーとのコラボ企画を多数実施する。

2013年に思わぬ転機が訪れ退職。
退職2ヶ月後の2013年7月17日に大人女子を楽しむWebマガジンCheRishを立ち上げる。
現在、みなさまに支えられながらCheRish編集長として、日々奮闘中。

またその傍ら、スーパー主婦足立洋子の専属フードスタイリストとしても活動中。

関連記事

  1. 代官山で老舗のアップルパイを味枠 【大人女子遠足】代官山でおいしいアップルパイを食べよう!
  2. 六本木ヒルズで癒され満たされる 【大人女子遠足】六本木でグリーンに癒されお肉でパワーチャージ
  3. 【大人女子遠足】北海道に行ったなら千歳空港を探検!
  4. 【大人女子遠足】青山ファーマーズマーケットで野菜鍋の材料を
  5. 【大人女子遠足】都会のオアシス【等々力渓谷】へ行ってみた!
  6. 美味しいが詰まっている!神楽坂へ行こう 【大人女子遠足】明治43年創業「大〆」のお寿司を食べに神楽坂へ!…
  7. 【大人女子遠足】二宮の、あのパン屋さんを訪ねる
  8. 大人女子の心をくすぐる川越氷川神社へ行こう! 【大人女子遠足】川越のパワースポット川越氷川神社へ

New!!

  1. 【チャイレシピ】No.33 キリテー 【チャイレシピ】No.33 キリテー
  2. 罪悪感ゼロのケーキ「オージーケーキ」が日本初登場!
  3. 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を
  4. 【編集長日記】忙しいときほど・・・
  5. 【ワークスタイル】人との出会いが本づくりの原点 菅聖子さん(編集業・ライター) 人との出会いが本づくりの原点 菅聖子さん(編集業・ライター)
PAGE TOP