おフランスかぶれのうたかたの日々

エールフランスのアラカルトミールが日本発のフライトでも!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以前もこちらの記事で書きましたが、エールフランスのエコノミークラス、プレミアムエコノミークラスでは、Webで事前に予約すると機内食をアップグレードできるサービスがあるんです。

エールフランス アラカルトミール

2012年からパリ発のフライトでサービスを開始したエールフランスのアラカルトミールですが、なんと今年の11月から日本発のフライト(成田・羽田・関空)でもオーダーできるようになるんですって!

パリ発だと、夜発のフライトだと疲れてヘトヘトで何も食べずに爆睡…ということが多かったので、実は利用する機会が全然なかったのです。(サービス開始3年で1回しかありませんでした…汗)

エールフランスは、機内に一歩入った瞬間からフランスを味わえる航空会社。
さらに機内食を充実させることができれば、フランス滞在時間がさらに増えた感じを味わえますね♪嬉しい!!!

日本発のフライトでオーダーできるメニューは3種類。

まずは、今パリ発のフライトで一番人気のメニュー「トラディション」。
伝統のフランス料理が味わえます。
前菜からして、豪華。かなりボリューミー、立派なフォアグラです!
メインは「コック・オ・ヴァン」。鶏肉に、大粒のマッシュルーム、ベーコンがたっぷり。
デザートには濃厚なチョコレートケーキ「ガトーオペラ」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いてのアラカルトミールは「オーシャン」。
その名のとおり、海鮮がメインです。
フランスで思う存分肉食女子を発揮する方は、こちらがオススメ!
前菜はサーモン、メインは海老!
色鮮やかなので3種類の中ではこれが一番フォトジェニックかな。
機内が暗くても綺麗に撮れそうです。ブロガーさん、是非。
デザートは、パッションフルーツのムース。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして3つ目のメニューは、なんと「イタリアン」。
前菜にはパルマ産の生ハム、メロン、そしてモッツァレラにアスパラガス。グリッシーニもついています。
メインはラザニアと、鶏肉のカチャトーラ。
そこら辺のレストランより断然美味しい…!そしてボリューミー。
ワインが進みそうなチーズに、ドレッシングにはバルサミコ酢、デザートはティラミスと、とことんイタリア!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パンは通常のエコノミークラスのと同じですが、このパンにもすごくこだわりが。
一回のフライトで何百と言う数を用意するパン、フライトの4時間前に焼き、時間が経っても美味しい状態が保てるよう実際にフランスにパン修行に行ったりして何度も何度も改良を重ねた一品です。
クルートの固さが絶妙。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在はまだ日本発のフライトでは予約はできませんが、パリ発のフライトだとこの他に、創作料理の人気シェフ、ジャン・アンベール氏が考案した”Le marché de Jean Imbert” メニューや、老舗の料理学校LENÔTRE監修による”LENÔTREセレクション” メニューなどがあります。

フランス旅行最終日、なかなかレストランでちゃんとした食事ができない…という方や、「家に着くまでが遠足です!」と、最後の最後までフランス気分を満喫したい方、オススメですよー!!!

◆エールフランス アラカルトミール
※季節やフライトによってメニューの内容が今回ご紹介したものと異なる場合があります

関連記事

  1. フランス大使公邸でガレット・デ・ロワ新年会! フランス大使公邸でガレット・デ・ロワ新年会!
  2. 2月はChandeleur・クレープ月間
  3. エビアン×マイリトルボックスのコラボレーション!
  4. 200mの高さから見下ろすパリ!モンパルナスタワーの展望テラス 200mの高さから見下ろすパリ!モンパルナスタワーの展望テラ…
  5. ボンジュールフランス「フランスフェア」に参加します!
  6. パリ ギャラリー・ラファイエットのクリスマス
  7. シャンゼリゼ大通りで香り高いゲランの紅茶を シャンゼリゼ大通りで香り高いゲランの紅茶を
  8. ワインでフランス旅!De Vinis Illustribus

New!!

  1. 強く、美しくなる香港(1) 涼茶舗の漢方ドリンクで旅をしながら無敵になる 強く、美しくなる香港(1) 涼茶舗の漢方ドリンクで旅をしながら無敵になる
  2. 【チャイレシピ】No.33 キリテー 【チャイレシピ】No.33 キリテー
  3. 罪悪感ゼロのケーキ「オージーケーキ」が日本初登場!
  4. 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を
  5. 【編集長日記】忙しいときほど・・・
PAGE TOP