ハーブ・漢方生活はじめてみませんか

メディカルハーブで花粉症を乗り切ろう

201602-1

今年に入り、とても寒くなりましたね。この寒さでまだまだ油断していませんか?そう、花粉症です!!花粉症と聞いただけで、むずむずしている方も多いのでは?!予想では例年ぐらいの飛散量とか、多い地域もあるとかないとか。何はともあれ、花粉症の方はこれからの季節はつらいですよね。そこで、今回と次回にわたり、花粉症の予防と対策について紹介していきたいと思います。今回は、メディカルハーブを使った対策法です。

花粉症とは?

花粉症とは、アレルギー疾患の一つです。アレルギーは、異物の侵入から体を守る免疫反応が過剰に反応して、様々な症状を引き起こします。この症状が、つら~いくしゃみや鼻水、目のかゆみなどです。

花粉症の予防や治療には、お薬を使っている人も多いですよね。でも、“くすり”は反対から読むと“リスク”となるように、体にもある程度負担をかけてしまいます。そこで、体に優しいメディカルハーブを使って花粉症対策をしてみませんか。

ただし、症状がひどく日常生活に支障がある方は、病院での診察を受けてくださいね。

ストレスと花粉症

冬の寒い間、動物は冬眠をしたり体力を消耗しないようなるべく動かないようにしているのが自然のかたちです。人間は普段通り生活をしていますが、実は冬の間はエネルギーを溜め込む季節で、春にかけて眠りから覚めるように代謝が急に活発になります。このような変化に体がついていけないと、代謝に大きく関与している肝臓に負担がかかります。

冬から春は、進学や就職、新生活などで、ストレスが溜まる季節でもあります。ストレスなどで交感神経が高まると肝臓の働きにさらに負担をかけ、肝機能が弱っていきます。肝機能が弱っているときに、花粉などのアレルギー物質が体内に入ってくると、アレルギー反応が起こりやすくなります。
ストレスを溜めない生活を心がけることが第一!さらに、メディカルハーブで、肝臓のケアもしていきましょう。

花粉症におすすめのハーブティー

201602-2

①エルダーフラワー

花粉症のつらい症状であるくしゃみや鼻水、鼻づまり、目の充血を緩和する働きがあります。イギリスではコーディアル(シロップ)という飲料として親しまれています。日本でも、ハーブショップなどで手に入れることができます。

②ネトル

ネトルにはアレルギー疾患の体質改善に用いられます。ドイツなどでは、花粉症の予防にネトルなどのハーブを積極的に用いることを春季療法と呼んでいます。

③アイブライト

アイブライトには抗炎症作用があり、花粉症による目のかゆみなどに使われます。

④ダンディライオン

強肝、利胆作用があり、肝臓を強化する働きがあります。また解毒作用もあるので、冬の間に溜まった老廃物を排泄する作用もあり体質改善にも効果的です。

これらのハーブをお好みのハーブとブレンドして、花粉症シーズンが始まる前の今の時期から飲んでおきましょう。
ハーブティーと美味しいおやつでストレス解消もいいですね!(くれぐれも、おやつの食べ過ぎには注意してくださいね。)
それでは、次回は花粉症におすすめの食材などを紹介します。お楽しみに!

著者プロフィール

CHIAKI
CHIAKI
1979年生まれ、兵庫県在住。
メーカーでの研究所勤務を経て、現在は薬剤師として奮闘中。
お薬を患者さんに渡す立場として、なるべく病気にかからない予防分野に興味を持ち、ハーブや漢方の資格を取得。
毎日の暮らしに簡単に取り入れることができる、ハーブ、漢方生活をどんどん提案していきます。

関連記事

  1. 奇跡の蜂蜜~マヌカハニー~ 奇跡の蜂蜜~マヌカハニー~
  2. 乾燥の季節にぴったりの手作りハンドバーム
  3. 手作りで虫よけスプレー
  4. 簡単薬膳ごはん~春の不調を整える食養生~ 簡単薬膳ごはん~春の不調を整える食養生~
  5. 植物の力で花粉症対策 植物の力で花粉症対策
  6. 今注目の免疫力をハーブでUP!!~病気になりにくい体へ~ 今注目の免疫力をハーブでUP!!~病気になりにくい体へ~
  7. 夏の日焼け対策 夏の日焼け対策
  8. クリスマスにぴったりの、ドライハーブで作るスワッグ

New!!

  1. 強く、美しくなる香港(1) 涼茶舗の漢方ドリンクで旅をしながら無敵になる 強く、美しくなる香港(1) 涼茶舗の漢方ドリンクで旅をしながら無敵になる
  2. 【チャイレシピ】No.33 キリテー 【チャイレシピ】No.33 キリテー
  3. 罪悪感ゼロのケーキ「オージーケーキ」が日本初登場!
  4. 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を
  5. 【編集長日記】忙しいときほど・・・
PAGE TOP