足立洋子の体がよろこぶおいしいご飯

【レシピ】おなか元気でおなか満足!タンドリーチキン

タンドリーチキン

12月に入りました。12月の別名は有名な「師走」…仏事で僧侶が走り回る程忙しいことから、師走と呼ばれています。
又、「極月」年が極まる月で有る事からごくげつ、ごくづきと呼ばれています。「晩冬」と言う言い方もあり、旧暦で冬の終わりで有る事から、ばんとうとも呼ばれます。
特に12月は呼び名が多い気がしました。この一年を振り返り、新しい希望の一年を迎えるわけですから、呼び名にも気合が入るのでしょうか?

この一年に感謝しつつ、健康で年の瀬を過ごしたいものです。
クリスマスにタンドリーチキンはいかがでしょう?一度練習をして…という方の為にちょっと早いですけれど、ご紹介いたしましょう。

タンドリーチキン

材料と分量(2人分)
鶏もも肉 1枚(250gくらい)
マリネ液
 プレーンヨーグルト 1/2カップ
 カレー粉 大さじ1
 トマトケチャップ 大さじ1
 パプリカパウダー 大さじ1
小さじ1
こしょう 少々
サラダオイル 大さじ1
作り方
1.鶏肉を氷水で洗い、水気を拭きとる。身の厚い部分は包丁を入れて観音開きにして厚みを均等にする。味がなじみやすいようにフォークで皮目を数か所、刺しておく。
2.マリネ液の材料を全て合わせてマリネ液を作る
3..①に塩小さじ1、こしょうを少々振り入れてもみ込み、マリネ液に漬け込み、冷蔵庫で一晩寝かす。
4.フライパンに大さじ1の油を引き、③のお肉のマリネ液を軽く拭って皮目から入れる。こんがりと良い色がついたら、ひっくり返して肉側を下にして4~5分焼いて火を通す

今をときめく発酵食品ヨーグルト

タンドリーチキンはインド、パンジャーブ地方に伝わる料理のひとつで、ヨーグルトと香辛料に漬け込んだ鶏肉を,壺形の竈(かまど)(タンドリー)で焼いたものを言います。
漬け込みの素に使う発酵食品のヨーグルト。発酵とは、微生物が繁殖を繰り返し、もともとの食材の成分を変化させることを言います。

食材を発酵させる微生物が「善玉菌」、腐敗させる微生物が「悪玉菌」です。牛乳に乳酸菌を加えて発酵させたものがヨーグルトです。
胃腸を潤おす作用があり、さらに乳酸菌が腸の調子を整え便秘を解消する効果が高く、腸内環境を整えるため老化防止、乾燥肌の改善に優れた効果を発揮します。

著者プロフィール

足立洋子(あだちひろこ)
足立洋子(あだちひろこ)料理家
1951年、函館生まれ。
自由学園女子最高学部卒業。
会員数2万人の「全国友の会」において30年ほど食の講師をつとめる。
NHK「あさイチ」で料理のスーパー主婦として出演。
2013年9月に発売した新潮社から発売した著書『かんたん が おいしい』は13万部を超える。

レシピ本を多数出版している他、雑誌などへのレシピ提供を行なっている。
趣味はお取り寄せ。

関連記事

  1. 春キャベツの巻き巻きサラダ 【レシピ】ビタミンCが豊富!春キャベツの巻き巻きサラダ
  2. 【レシピ】夏の火照った体を冷すコーヒーゼリー
  3. 【レシピ】トマトのカクテルで美味しく美肌をGET!
  4. 【レシピ】女子力UPの救世主!雑穀ライスサラダで梅雨を吹き飛ばせ…
  5. 【レシピ】体に優しくダイエットにもぴったり!鶏粥
  6. 青ジソご飯 【レシピ】青じそご飯で美味しくリラックス
  7. 鱈のハーブソルト 【レシピ】鱈のハーブソルトで欲張り美食
  8. 【レシピ】毎日のお疲れにはヌメリパワーの芋の子汁を

New!!

  1. 強く、美しくなる香港(1) 涼茶舗の漢方ドリンクで旅をしながら無敵になる 強く、美しくなる香港(1) 涼茶舗の漢方ドリンクで旅をしながら無敵になる
  2. 【チャイレシピ】No.33 キリテー 【チャイレシピ】No.33 キリテー
  3. 罪悪感ゼロのケーキ「オージーケーキ」が日本初登場!
  4. 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を 【レシピ】夏疲れにはとうもろこしご飯を
  5. 【編集長日記】忙しいときほど・・・
PAGE TOP